過払い金がある可能性

2010年6月に改正貸金業法が完全施行されてお金を借りる仕組みが変わりました。
その内容は、上限金利と出資法の金利である上限金利の29.2%の間で借りていた方は、お金を払い過ぎているということで、過払い金返還請求ができるようになりました。
しかし、グレーゾーン金利でお金を借りていた方全員に過払い金が発生するという訳ではありません。
借りていた期間、借り方、返し方に影響します。

すでに借金を全額返済している方は、対象外と認識されている方もいるでしょう。
しかし、この過払い金は完済しても10年以内の取引であれば、過払い金の返還請求は十分に可能です。
過払い金があると思う方は、法律家に相談をするのが一番です。
過払い金で経営を圧迫された貸金業界では、素人相手に履歴を開示してくれないということがあります。

一見良いところだらけのように思う過払い金請求ですが、デメリットもあります。
まずは相当な精神力、知識、行動力が必要になることです。
間違いがない方法の法律家に依頼をするとなると、成功報酬などの費用がかかってしまうのもデメリットと言えるでしょう。
さらに、過払い金の返還請求をおこなった状況によっては、個人信用情報に登録されてしまいます。
これは、債務整理と性質が似ています。
請求をおこなった業者とは将来的に取引をおこなうのは難しいのはもちろん、ほかの業者との取引も難しくなる可能性もあります。
このサイトは過払い金についてご紹介しています。



▽特選リンク
ご自分に過払いの可能性があった場合に法律家に無料で相談出来るサイトです ⇒ 過払い